利用規約

アイソフト株式会社(以下、「甲」といいます。)は、甲が運営する「AI English Academy」上で提供する全てのサービスを、サービス申込み希望者および利用者(以下、「乙」といいます。)が利用することに関して以下の利用規約を定め、乙はサービスの利用をもって利用規約を承諾したものとみなします。また、乙が未成年の場合は親権者等法定代理人の同意を得ることが必要になります。

第1条 利用規約の範囲

利用規約の範囲は、Webサイトに規定するものに加え、甲が乙に対して電子メール等で発信する情報も含めます。

第2条 サービスへの登録

乙は甲が定める手続きに従って、サービスの登録をします。乙はサービスの登録にあたって、下記の事項を確認し、了承したものとします。

  1. 利用規約を熟読し、その内容を承諾した上で、サービスに登録すること。
  2. スカイプをインストールすること。
  3. 電子メールアドレス、パスワードその他の項目を真実かつ正確な情報を登録すること。また登録時に設定したこれらの情報を乙の責任で厳重に保管すること。
  4. 通信環境が当サービスの利用に支障がないことを確認すること。
  5. 甲が定める決済方法により利用料金を支払うこと。

第3条 禁止行為

乙は、本サービスの利用に際して、以下に定める行為、またはそのおそれがある行為を行ってはなりません。

  1. 乙が本サービスを利用する権利を他者に譲渡しもしくは使用させ、または他者の名義変更する行為。
  2. 本サービスまたは甲の名誉、信用を失墜・毀損させる行為。
  3. 違法行為、公序良俗に反する行為。
  4. 虚偽の情報を登録する行為。
  5. 本サービスの運用を妨げる行為。
  6. 本サービスを営業行為や営利行為またはそれらの準備に利用する行為。
  7. 本サービスの他の利用者、甲または第三者に不利益、損害を与える行為。
  8. 犯罪行為または犯罪行為に結びつく行為。
  9. 講師への嫌がらせや、不良行為、レッスンの進行を妨げる等のハラスメント行為。なお、ハラスメント行為の認定は、事実確認を行った上で、甲の判断により行います。
  10. 甲が一般的に開示していない機密情報を講師へ詮索する行為。
  11. 電子メールの送受信を含め、オンライン、オフラインを問わず、乙またはその代理人が講師と個人的に接触しようとする行為。
  12. 講師に甲の競合たりうるサービス・企業での勤務を勧誘する行為。
  13. 甲のカスタマーサポートスタッフへの暴言、またはカスタマーサポート業務を妨げる行為。
  14. ひとつのアカウントを複数人で利用する行為。
  15. 本サービスの利用状況を録音または録画して第三者に開示する行為。
  16. 乙が乙または第三者の機密情報を講師に開示する行為。
  17. その他、甲が不適当と判断する行為。

第4条 登録の不承認・取消し

甲は下記に定める事由に該当する場合、乙の登録を不承認、もしくは取消すことができます。また、支払いを済ませた金額は一切返金しないこととします。

  1. 乙が実在しない場合。
  2. 乙が申し込みの際、虚偽、誤記または記入漏れをした場合。
  3. 乙が既にサービスに登録している場合。
  4. 乙が過去に甲により登録の承認を取り消されている場合。
  5. 乙に代金の支払い能力がない場合。
  6. 乙が過去に代金の支払いを怠っていた場合。
  7. その他の事由で甲が乙による本サービスの利用を不適切と判断した場合。

第5条 利用規約の変更

甲は乙の了承を得ることなく利用規約を変更することができるものとします。変更後の利用規約はウェブ上に表示した時点で効力を生じるものとし、乙はその効力を予め了承するものとします。

第6条 登録情報の変更

乙は甲に届けた登録情報の内容に変更があった場合、遅滞なく登録情報の変更手続きをするものとします。甲は乙が登録情報の変更を怠ったことにより生じた乙の不利益、その他の負担に関して一切責任を負わないものとします。

第7条 登録情報の取り扱い

甲は乙の登録情報を甲が別途規定する「個人情報の取り扱いについて」に則って管理します。以下に定める場合につき、乙の登録情報を第三者に提供・開示する場合があります。

  1. 乙の同意が得られた場合。
  2. 法令などにより公的機関により甲が開示を求められた場合。
  3. アルファベット表記で登録されたニックネームを当サービスのWebサイトに掲載する場合。

乙は登録した情報を厳重に管理・保管します。乙による登録情報の失念、消失および登録情報の管理の不徹底による損害の責任は乙が負うものとし、甲は一切の責任を負いません。また乙は自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合、ただちに甲にその旨を連絡し、甲の指示に従うものとします。

第8条 退会

  1. 乙は退会手続きを所定の方法により行えます。乙は退会により、サービスの一切の権利を失うものとし、甲に対して何らの請求をすることができないものとします。
  2. 退会後、再度サービスの登録を希望する際は、再度登録手続きを行う必要があります。

第9条 サービス規定

  1. 本サービスは、インターネットと弊社の指定するソフトを使用して行います。本サービスを利用する上で必要なパソコン、インターネット環境、ヘッドセット、スカイプ(マイクロソフト社が提供するインターネット電話サービスソフト。以下同じ。)、ウェブカメラ(任意)等については、乙自身が用意するものとします。
  2. 乙は甲が別途定める1ヵ月分の利用料金を以下の方法で支払うことで、本サービスを有効期間利用することができます。なお有効期間とは、利用開始日の日付を起算日とした1ヵ月分(例:利用開始日が6月14日であれば6月13日まで)を指します。
    1. 1ヵ月分の利用料金をクレジットカードにより支払う
    2. 1ヵ月分の利用料金を銀行振込みにより支払う
  3. 乙が利用料金の支払いを行った後、次回の月会費の支払日の2日前までに第8条に定める退会手続きを行わない場合は、本サービスの利用を継続する意思があるものとみなし、支払い日から1ヵ月後の有効期間満了日に同料金にて本サービスは継続的に更新されるものとします。

    乙が利用料金の支払いを済ませ、本サービスを1ヵ月利用した後、引き続き本サービスを利用するには、乙は有効期間満了日までに次の1ヵ月分の利用料金を支払い、利用料金の支払を済ませた旨を本サイトより甲に通知するものとします。甲は、乙が有効期間満了日までに次の1ヵ月分の利用料金を支払った事実を確認することができない場合、乙が本サービスの利用を継続する意思がないものとみなし、退会として扱います。

  4. 乙が本サービスの利用料金を支払った後、甲が電子メールにて乙の支払いを確認した旨を連絡した日付から起算して8日以内に第8条の定めにより退会の意思表示を行い、かつ返金依頼の意思表示を行った場合は、初回の利用料金の支払いに限り、利用料金から千円の返金手数料を差し引いた金額を返金いたします。ただし、同一のクレジットカード、または同一のIDで二回以上入会された場合は、この限りではありません。
  5. 甲は、本サービスの円滑な進行または一貫性を確保、維持するため、乙のレッスン内容等の必要な情報を記録します。また、この情報の中には乙の個人情報が含まれる場合があり、これらは甲が別途定める「個人情報の取り扱いについて」に則って適切に取り扱うものとします。
  6. 甲は、サービスの質の向上に役立てる等の目的で、提供するサービスを視聴もしくは聴取し、また、データを保存すること(以下、「聴取等」)があります。乙は自身が参加するレッスンが聴取等されている可能性があることに予め同意し了承するものとします。
  7. 甲は、フィリピンの祝祭日、年末年始、または研修の実施等により休講日を定めます。また、乙への事前告知なしに本サイトへの告知をもって、本サービスの休講日を変更できるものとします。乙は、休講日に本サービスを利用できない、または利用可能なレッスン数が通常より減少する可能性があることに予め同意するものとします。
  8. レッスンの予約はレッスン開始30分前まで行えるものとします。乙は予約したレッスンを受講した後より、次回のレッスン予約ができるものとします。予約したレッスンのキャンセルは15分前まで行えるものとします。キャンセル後は再度レッスン予約が可能となります。レッスン開始の15分前を過ぎた場合、キャンセルできずに欠席扱いとなります。その場合、次回のレッスン予約は、欠席扱いとなったレッスン終了時間が過ぎた後から可能となります。

    甲は、乙がレッスンへの無断欠席を繰り返し行った場合、乙に対して警告、改善指示等を行うことができるものとします。また、同指示等に従わない場合、甲は乙の登録を取り消すことができるものとします。

  9. 予約した講師が事情によりレッスンできない場合、レッスン開始前であれば、代講の講師にてレッスンを行います。代講の講師を振り当てられない場合は予約したレッスンをキャンセル扱いとし、レッスンの再予約が可能となります。また、キャンセル扱いとなった当日にレッスンの再予約をしなかった場合は1回分の振替レッスンを付加します。ただし、振替レッスンの保有上限数は10レッスンとし、乙が振替レッスンを受講できる権利を10レッスン保有している場合には、振替レッスンは付加されません。なお振替レッスンとは、通常レッスンの予約・受講上限数を超えて、レッスンの予約・受講が可能なレッスンを指します。
  10. レッスン開始後、講師側の個別の事情(講師側が設置した通信機器の障害、講師の体調不良等。)により本サービスの利用が1レッスンにつき5分以上中断し、乙が本サイトより甲に問題を通報した場合、レッスンをキャンセル扱いとします。また、キャンセル扱いとなった当日にレッスンの再予約をしなかった場合は1回分の振替レッスンを付加します。ただし、振替レッスンの保有上限数は10レッスンとし、乙が振替レッスンを受講できる権利を10レッスン保有している場合には、振替レッスンは付加されません。
  11. 講師個別の問題に起因しない理由(フィリピン全土または一部地域での政情、自然災害、通信障害等)で受講ができなくなった場合は、振替レッスンの発行対象にはなりませんので、あらかじめご了承ください。
  12. 振替レッスンの有効期限は、ご取得いただいてから退会されるまでとなります。また振替レッスンの予約をキャンセルした場合は、振替レッスンの権利が消滅してしまいますので、あらかじめご了承ください。
  13. 甲は、必要に応じ、本サービスに関する業務の全部または一部を外部委託することができるものとします。

第10条 サービスの提供期間

乙は利用規約にもとづき乙のサービスの登録を甲が承諾した日よりサービスを利用することができます。

第11条 サービスの中断・終了

甲はサービスの中断もしくは終了を事前もしくは事後にウェブサイトもしくは電子メールでの通知をもって行います。スカイプの障害、国内外の政治情勢・自然災害等甲の責任によらない事由で当サービスの提供が困難な場合はサービスを中断できるものとします。

第12条 情報配信

甲は乙に対して電子メールによる通知、広告、アンケート等を実施できるものとします。

第13条 スカイプの利用

甲はスカイプを用いてサービスの提供を行います。スカイプの利用に際し、乙は下記の内容について同意したものといたします。

  1. 乙は通話ソフトウェアの機能及びその利用規約についてスカイプの規定するそれに従う事とします。
  2. サービスの利用前までに通話ソフトウェアをダウンロードし、その機能を確認することは乙の責任とします。
  3. 通話ソフトウェア及びその利用に必要なハードウェアの故障及び設定不備により、サービスが利用できない場合、当社は一切責任を負わない事とします。
  4. レッスン開始後に発生した通話ソフトウェアそのもの機能の不具合について、当社は一切責任を負わないこととします。
  5. 甲はスカイプの事情により生じたトラブルについては一切責任を負いません。またスカイプが提供するサービスに関するお問い合わせについては、一切受け付けておりません。

第14条 賠償責任の制限

乙は下記に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、甲が賠償責任を負わないことに同意します。

  1. サービスを利用したこと、または利用ができなかったこと。
  2. 乙の送信やデータへの不正アクセスや不正な改変がなされたこと。
  3. サービス中の第三者による発言、送信や行為。
  4. サービスの学習効果等。
  5. 乙がレッスン中に伝えた情報に起因するあらゆる損害。
  6. 当サービスの利用に際して、乙が満足な利用が出来なかった場合でも、以下の状況に該当する場合。
    1. 急激な生徒様数の増加、または、フィリピン側の通信障害発生などによる提供可能レッスン数の急減により、提供レッスン数が一時的に不足している状況。
    2. 希望する時間帯のレッスンが予約できない状況。
    3. 特定の講師のレッスンが予約できない状況。
    4. フィリピンでの停電・通信障害発生によりレッスンを中止せざるを得ない状況。
  7. その他サービスに関連する事項。

第15条 著作権および所有権

サービスに関する商標、ロゴマーク、記載等についての著作権、所有権は全て甲に帰属します。これらを乙が甲に無断で使用することを禁じます。

第16条 暴力団等反社会的勢力の排除

甲および乙は、自らが暴力団、暴力団員、またはこれらに準じる者などの反社会的勢力に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当せず、自らまたは第三者を利用して暴力を用いる不当な要求行為、脅迫的な言動、風説の流布、偽計または威力を用いて相手方の信頼を毀損し、または妨害する行為その他これらに準じる行為を行わないことを確約するものとします。

また、甲および乙は、相手方が前項に違反した場合は、契約を解除することができるものとします。

第17条 協議事項

甲および乙は、お互い信義をもって誠実に本規約を履行するものとします。本規約に記載されていない事項および本規約の条項について疑義が生じたときは、速やかに協議し、誠意をもってその解決にあたるものとします。

第18条 準拠法および専属的合意管轄裁判所

本規約の準拠法は日本法とします。また、サービスまたは利用規約に関連して甲と乙の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

付則 本規約はより実施します。

AI English Academy