40歳代からの手習い〜初めてのオンライン英会話に挑戦!

7日め。引き続きオリジナルテキストの「ビジネス」をやってみる

  • 投稿日:
  • by

レッスン7日めです。

前回より「ベーシック」がやや簡単かなぁと思って、「ビジネス」に戻ってみましたが、今回も引き続き「ビジネス」を選択。

この日の担当講師はBELLE先生。

看護学校を卒業したばかりの22歳という、若い先生です。

BELL.jpg

テーマはLesson.4 「 Asking and Offering Help to Co-worker」です。

テキストに入る前に自己紹介をしたのですが、それを受けて

「あなたは会社に属していないので、同僚に助けを求めたり助けてあげたりすることはないと思いますが、何かを尋ねたり、手助けを申し出る機会はあるでしょう。

ここで出てくるフレーズはきっと役立ちますよ」

と、BELLE先生がおっしゃいました。

そうなんですよね。

一度「ビジネス」を選択したのに、「うーん、ビジネスマンじゃない私のこれからの人生で英語でこういうシチュエーションになることってないかも」と思って、「ベーシック」に移ってみたわけですが、結局は自分自身で使いそうな場面をイメージしながら、やることが大切なんですよね。

ビジネスマンのみなさんにしたって、テキスト通りの業種や職種じゃないし、最終的には自分が使えるようにアレンジしていくしかないわけですし。

私がここのところ気になっている講師の先生の話す速さもBELLE先生はナチュラル・スピードに近くて気に入りました。

この日もテキストに入る前のsmall talkが長引いてしまい、すべて終わる前に時間終了。

もはやsmall talkじゃないな。これは。

というか、初めて会う人のための「英語1分自己紹介」でも考えておくか。

ここの学校の先生対策としてじゃなくても、初めて会う英語圏の人全員に使えるわけだし。

と、半分以上の先生のレッスンを受けてから気づく、このおろかさ。

あと、いまさらながらに気づいたのは、マイページからテキストの内容を全部見ることができるってこと。

これからは、これでチェックして会社に属してない私でも使えそうなフレーズがある回を選んでみようと思います。


AI English Academy