接客英会話レッスン

英語で「こちらでお待ちください。」

Good evening.

こんばんは。

Welcome to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日も、【お客様のお出迎え】の場面より、「こちらでお待ちください。」の表現をご紹介します。


お客様のご案内までにお時間いただく場合、ウェイティングエリアを指さして、


【Please wait right here. 】 ...こちらでお待ちください。

(プリーズ ウェイ ゥライヒア)


【Please have a seat over there and wait for a while.】 ...あちらの席にお掛けになって、暫くお待ちください。

(プリーズ ハヴァ スィート オーヴァゼア アンド ウェイフォーアワイル)


here(こちら)やover there(あちら)などの、場所を表す単語が出てきたら、手で、その場所を指し示していただくことで、どちらなのかをお伝えすることができます。


例えば、お客様から、「お手洗いはどちらですか?」

「お会計はどちらですか?」

とお尋ねされたら、

...Over there.(あちらです。)


「シュガーシロップはどちらですか?」

...Over here.(こちらです。)

など、遠い場所にはover there、近い場所にはover hereを使います。


ちなみに、カウンターサービスのカフェなどでは、先にレジにてお会計後に

「商品は、あちらからお出しします。

あちらのカウンターでお待ちくださいませ。」

Please wait for your order over here.


セルフサービスでしたら、

「砂糖とミルクもあちらのカウンターにございます。」

Sugar and milk are also there.


など、いずれも場所を指し示して、お伝えしましょう。


本日ご紹介しましたこれらのフレーズを是非、ボディアクション、ジェスチャーとご一緒に使ってみてください。


来週は、本日の表現に関連して、「少々お待ちください。」の表現です。

See you next week!

Enjoy your weekend!

また来週お会いしましょう。

良い週末をお過ごしください。

AI English Academy