接客英会話レッスン

英語で「こちらの伝票をあちらのレジまでお持ちくださいませ。」 

Good evening.

こんばんは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日も、【お会計】の場面より、お客様がお支払い方法をお尋ねになる際の表現です。

【Please bring this bill to the cashier over there.】 ...「こちらの伝票をあちらのレジまでお持ちくださいませ。」

レジ.jpg

bring、bill、over thereは既に出てきた単語です。

cashierはcash register、レジです。


次回は、「あちらへお連れ致します。」です。


See you tomorrow!

Have a nice weekend !

また明日お会いしましょう。

よい週末をお過ごしください。

英語で「伝票はどちらですか?」

Good evening.

こんばんは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日は、【お会計】の場面より、お客様がお支払い方法をお尋ねになる際の表現です。

【Can we have the bill, please?】 「伝票はどちらですか?」


伝票.jpg

伝票はbill(よりアメリカ英語)やcheck(よりイギリス英語)といいます。

『お札』の英語もbill、またはnoteといいます。

checkと同じ発音で、綴りの異なるchequeは、小切手という意味です。


日本のカフェやファミリーレストランなどで、お客様の各テーブルに伝票が丸めておいてある文化に馴染みのない方は、どのようにお支払いするのか疑問に思うかもしれません。


お客様に伝票の場所をお尋ねされたら、どのようにお会計をするかをサポートする言い回しでお答えしましょう。

次回は、こちらの伝票をあちらのレジまでお持ちくださいませ。です。


See you tomorrow!

Have a good night!

また明日お会いしましょう。

よい一日をお過ごしください。


英語で「お冷の新しいものをお持ちいたしましょうか?」

Good evening.

こんばんは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日は、【中間接客】の場面より、新しいお冷をお持ちする際の表現です。

【Would you like me to bring a new glass of water?】

「お冷の新しいものをお持ちいたしましょうか?」


お冷.jpg

前回までに見て参りました表現で、お客様にお尋ねしたのは、

【May I take this plate?】 ... 「こちらのお皿をお下げしてもよろしいでしょうか?」 

【May I also change the ashtray?】 ... 「こちらの灰皿も交換いたしますね。」 


bringは、どこかからその場所へ「持ってくる」、この場合は、お客様のテーブル「へ持ってくる」

takeは、その場所からどこかへ「持っていく」、この場合、お客様のテーブル「から持っていく」です。


Would you like ~で、「『あなた』が~なさることを、『あなた』はご希望ですか?」...許可するのは『あなた』、実際の行為者も『あなた』

Would you like me to~で、「『私』が~することを、『あなた』はご希望ですか?」...許可するのは『あなた』、実際の行為者は『私』

と、許可するのはいずれも『あなた』で、相手にお伺いを立てる表現に変わりはありませんが、

実際に行動する人物の主語が変わるので、注意が必要です。


次回より、お会計の場面です。


See you tomorrow!

Have a good night!

また明日お会いしましょう。

素敵な夜をお過ごしください。

英語で 「こちらの灰皿も交換いたしますね。」 

Good evening.

こんばんは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日は、【中間接客】の場面より、灰皿を交換する際の表現をみてみましょう。

バッシング女性.jpg

前回、お客様にお尋ねしたのは、

【May I take this plate?】 ... 「こちらのお皿をお下げしてもよろしいでしょうか?」 


本日は、続いて、

【May I also change the ashtray?】 ... 「こちらの灰皿も交換いたしますね。」 


changeは、カタカナでは「チェンジ」と言いますが、

英語では「チェィンジ」と読みます。

意味は、日本語でも「チェンジする・チェンジした」など、「変える、変わる」という意味の動詞で使われますが、

後ほど、【お会計】の場面で、名詞で登場する際には「おつり」の意味で、読み方は同じです。


May I ~?は、「~させていただいてもよろしいでしょうか?」とお客様にお伺いをたてる丁寧な言い回しで、接客英会話では多く登場するフレーズです。


ashtrayは、灰皿です。

灰色の色合いで、アッシュグレーと聞いたことがあるかもしれません。

トレーはお盆です。


次回は、新しいお冷をお持ちする際の表現です。


See you tomorrow!

Have a good night!

また明日お会いしましょう。

素敵な夜をお過ごしください。

英語で「こちらのお皿をお下げしてもよろしいでしょうか?」

Good evening.

こんばんは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日は、【中間接客】の場面より、お済みのお皿をお下げする際の表現をみてみましょう。

バッシング.jpg

【May I take this plate?】 ... 「こちらのお皿をお下げしてもよろしいでしょうか?」 


bringは、どこかからその場所へ「持っていく」

takeは、その場所からどこかへ「持っていく」です。

どちらもよく出てくる単語ですので、対になって比較してみましょう。


<bring>

Would you like me to bring a new glass of water?「お冷の新しいものをお持ちいたしましょうか?」

Please bring this bill to the cashier over there.こちらの伝票をあちらのレジまでお持ちくださいませ。


<take>

Let me take you there. 「あちらへお連れ致します。」(人を"連れて行く"という意味でも使います。)


お済みのお皿をお下げする前にひとこと、前回、ご紹介した

How's everything? 「お食事はいかがですか?(食事の感想)」

-Is everything okay?

など、お食事の感想をお尋ねしてもよいかもしれません。


次回は、灰皿を交換する際の表現です。


See you tomorrow!

Have a good night!

また明日お会いしましょう。

素敵な夜をお過ごしください。

英語で「お食事はいかがですか?(食事の感想)」

Good evening.

こんばんは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


前回、お尋ねしたのが、

【Is everything here?】...「ご注文の品は全てお揃いでしょうか?」 

Is that all?


お客様のご回答は、Yes,It's all here.や、That's all.で、「はい、以上で全てです。」


その後のやりとりとして、

「ごゆっくりどうぞ」は決まったフレーズで、Enjoy your meal.

直訳すると「あなたのお食事を楽しんでください」

mealは、時間帯を問わずの「食事」です。

朝食はbreakfast、昼食はlunch、夕食はdinnerの、全てのお食事を指して使える単語です。


カフェ.jpg


本日は、【中間接客】の場面より、お食事の感想をお尋ねする表現をみてみましょう。

How's everything? 「お食事はいかがですか?(食事の感想)」

-Is everything okay?


お済みのお皿をお下げする際に、このようなコミュニケーションが図れると、素敵ですね。


次回は、「こちらのお皿をお下げしてもよろしいでしょうか?」表現です。


See you tomorrow!

Have a good night!

また明日お会いしましょう。

素敵な夜をお過ごしください。

英語で「ご注文の品は全てお揃いでしょうか?」 

Good morning.

おはようございます。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日は、【中間接客】の場面より、「ご注文の品は全てお揃いでしょうか?」をみてみましょう。


ご確認.jpg


【Is everything here?】...「ご注文の品は全てお揃いでしょうか?」 

Is that all?も、同義です。

Is that all?は、オーダーを取る際の、「以上でよろしいでしょうか?」の表現でも出てきました。

お客様のご回答は、Yes,It's all here.や、That's all.で、「はい、以上で全てです。」


次回は、お食事の感想をお尋ねする表現です。


See you next week!

Have a good weekend!

また来週お会いしましょう。

素敵な週末をお過ごしください。

英語で「こちらにお置きしてもよろしいでしょうか?」

Good evening.

こんばんは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日は、【中間接客】の場面より、 「こちらにお置きしてもよろしいでしょうか?」をみてみましょう。


商品.jpg


Can I set this here? ...「こちらにお置きしてもよろしいでしょうか?」 

May I put it here?


setは、カタカナでも「セットする」と使いますね。

putも、同様に「置く」という意味です。


いずれの言い方も同じ意味で、お客様へお伺いを立てる表現ですが、

Can I~?よりも、May I~?は、より丁寧な言い回しです。


いらっしゃいませという表現で、May i help you?と、学校の授業で習ったかもしれません。


明日は、「ご注文の品は全てお揃いでしょうか?」 の表現です。


See you tomorrow!

Have a good night!

また明日お会いしましょう。

素敵な夜をお過ごしください。

英語で「~をご注文のお客様?」

Good evening.

こんばんは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日は、【中間接客】の場面より、 「~をご注文のお客様?」をみてみましょう。

ご提供.jpg


Who ordered assorted tempura? ...「天ぷら盛り合わせをご注文のお客様?」

Who ordered udon noodles with raw egg? ...「月見そばをご注文のお客様?」

Who ordered salmon roe bowl? ...「イクラ丼をご注文のお客様?」


Who ordered (商品名)?で、お尋ねになるか、

Assorted tempura? Udon noodles with raw egg?など、商品名をお尋ねになるだけでも、「~をご注文のお客様?」という意味になります。


明日は、「こちらにお置きしてもよろしいでしょうか?」の表現です。


See you tomorrow!

Have a good night!

また明日お会いしましょう。

素敵な夜をお過ごしください。

英語で「すぐにお持ちいたします。」

Good afternoon.

こんにちは。

Thank you for coming to our page.

こちらのページへお越しいただき、ありがとうございます。


本日は、【ご注文取り】の場面より、「すぐにお持ちいたします。」をみてみましょう。


オーダー取り.jpg


[すぐにお持ちいたします。]

I'll bring them right away.

Right away, sir/ma'am.

Coming right up.


"bring"は、お客様のテーブルまで、何かを「お持ちします(持ってくる)」という際に、よく使われる動詞です。

対して、お客様のテーブルから、どこかへ「お下げします(持っていく)」という際には、"take"がよく使われます。


次回からの、【中間接客】にて「お冷をお持ちします(持ってくる:bring)」「お皿をお下げします(持っていく:take)」などの表現が出てきます。


"right away"や"coming right up"は、「ただちに、今すぐに」お持ちいたします、という表現です。


また、同様に、【お客様のお出迎え】の場面での、「少々お待ちください。」の表現も使うことができます。

Wait a moment, please.「少々お待ちください。」


では、これまで【ご注文取り】でみてきた表現を、流れにそって復習してみましょう。


[こちら暖かいおしぼりとお冷でございます。]

Here's your hot towel and water.

[こちらメニューでございます。]

Here's the menu.


(お客様に英語のメニューをお尋ねされて)

[申し訳ございません。ございません。]

I'm sorry we don't have.

[はい。メニューに併記されております。]

Yes. Both Japanese and English are written on this menu.


[ご注文はお決まりですか?]

Are you ready to order?


[こちらをお勧めいたします。]

I recommend this. (pointing to the menu)

How about this? (pointing to the menu)


[お砂糖とミルクはご利用ですか?]

Would you like some milk and sugar?


[何かお食事はいかがですか?]

Would you like something to eat?


[ご注文を繰り返します。]

Let me repeat your order.


[ご注文は以上でよろしいでしょうか?]

Is that all? / Anything else?


[すぐにお持ちいたします。]

I'll bring them right away.

Right away, sir/ma'am.

Coming right up.


次回より、【中間接客】の場面です。


See you tomorrow!

Have a good day!

また明日お会いしましょう。

素敵な一日をお過ごしください。

AI English Academy