DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

TOEICや英検・・・どの英語試験を受けるのがいい?

世の中に溢れるほどある英語能力検定試験。

代表的なものはTOEIC英検だと言われていますが、

その他にもTOEFL、CASEC、GTECなどなど

民間会社が用意しているものも含めると相当数にのぼります。

こんなにある英語検定試験の中で、

あなたにあう試験は一体どれになるのでしょうか?

英語検定試験をひとつひとつ見ていくだけでも、

相当な労力になってしまいそうです...

0311-1.jpg

英語をどうして学びたいと思ったのか、その理由またはゴールを見つける必要があると思います。

好きな海外のアーティストのLIVEをその場で楽しむため、

映画を字幕なしで観るため、

海外旅行をするため、

そして、

就職に有利な資格として履歴書に書きたいため・・・などなど

人によってさまざまな理由があるでしょう。

どんな試験をパスしても、ペーパー上では読み・書きができるかもしれませんが

英語で外国人とコミュニケーションができるかどうかが

重要ではないのかなあ、と個人的には思います。

そのためには、どんなに文法や発音が間違っていても

外国人に対して臆することなく話したり仲良くする能力。

それが、大事なのではないかなあ。

と言うのは、語学留学に何カ月~何年も行っていたのにも関わらず

外国で日本人とばかり過ごしていた、とか

TOEICで900点超えしているのにも関わらず

全く口から英語が出せない(恥ずかしいというのもあるのかもしれませんが)人と

会う事がしばしばあるからです。

英語が話せる、外国人と仲良くコミュニケーションがとれる、というのは

なかなか英語の検定試験では計りきれないようです。

実際に、英語が良く出来る人はこれまでに英語試験を受けたことがないと言う人もザラにいますし。

それでも、日本において、一番勉強をしておいて有利に働きそうなのは

TOEIC試験なのではないかと思います。

現に楽天など大手はTOEICのスコアで昇進基準を定めていますし、

就職にもTOEICが500点(大学卒業時の平均レベルだそうです)以上であれば、

履歴書に書いても良いということです。

TOEICは合否ではなく、やればやっただけ、

勉強しただけ得点が990点まであがっていく試験ですので

英語学習に費やした時間の証明にもなりそうですね。

他に、TOEFLなどもありますが、英語検定料金もなかなか高いものですし、

あれこれ手をつけるよりもいまは、TOEICの試験勉強に集中した方が

学習時間などを考えても効率が良いのではないかな、と感じます。

AI English Academyの講師たちにTOEICの事を聞いてみたところ

講師の中には事前に対策をしなくても「900点以上スコア持ってるよ~♪」という人もいたりして

驚いちゃいました。

ぜひ、講師たちにも英語試験について聞いてみてくださいね。

それでは、また。

AI English Academy