DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

三寒四温(さんかんしおん)英語で説明すると

今日はアライサ先生を選んでレッスンをしました。

テキストは、最近はまっているトレーニングです。

AI English Academyのトレーニングテキストは、話題のカランメソッドに基づいて

作られているそうです。

カランメソッドで英語を学ぶと通常の2~4倍もの速さで英語を習得できるとも言われています。

すごいですね。これは続けなければ!

最近、テキスト量が一気に増えたので俄然やる気が出ます。

0309.jpg

いきなりレッスンに入らず、まずはスモールトークから始まります。

「久しぶり!」

「どんな一日だった?」など、軽い世間話をします。

今日は春が近付いているとはいえ、すごく寒かったので

「また冬に戻ったのかと思うくらい寒かった!」というと、

「さんかんしおん」とアライサが言うではありませんか。

「え?なにそれ?」と驚く私。

「sankanshionっていうんでしょ?暖かくなったり寒くなったりする今の時季のこと」

アライサがチャットボックスにsankanshionと書いてくれます。

「ああ!三寒四温のこと!」と

チャットボックスに三寒四温と漢字で書くと

「読めないよ!」と笑いながらアライサに突っ込まれました。

三寒四温とは、冬の間の時期に、

3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、

寒暖が繰り返される現象のことをいいます。

なぜフィリピン人のアライサがそのような言葉を知っているのかと聞くと、

AI English Academyの生徒さんから教えてもらったと言っていました。

素敵な日本語を教えている方がいらっしゃるのですね。

ところで、英語で三寒四温を現わすと

alternation of three cold and four warm days

もしくは

a cycle of three cold days followed by four warm ones


となるようです。

3 cold and 4 warm daysと現わすと分かりやすいでしょうか。

徐々に暖かくなって行く日本では、春の足音がもう聞えてきているようです。

街を歩いていたら河津桜がきれいに咲いているところを発見。

0309-1.jpg

そろそろ卒業のシーズン。

卒業旅行の準備をしている方も多いでしょう。

海外に行くと言う人は、事前に空港でのやり取りなどを

オンライン英会話で練習しておくと実際の場で慌てずにスムーズに行きますよ。

実際に、ビジネス英会話のテキストでは

レッスン22で空港でのトラブルを取り扱っています。

いざという時の為に、良く使うフレーズなどがでてくるのでチェックしてみてくださいね。

0309-2.jpg

旅行、いいなあ!

それでは、また。

AI English Academy