DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

マイクロソフト創業者のポール・アレン氏 「戦艦武蔵」を発見

先日、マイクロソフト社の共同創業者で、

古代のものや大のSFファンとも言われているポール・アレン氏が、

フィリピン中央部にあるシブヤン海で戦艦武蔵を発見したと自身のツイッターで

発表しました。

0308.jpg

これは本物なのか、信憑性の確認が急がれましたが、

既に巨大なアンカーと菊紋章の艦首が武蔵の証ということで本物だと判明したようです。

戦後70年に当たる今年にこのような発見があったということも感慨深いものがありますね。

フィリピンで見つかったと言う事で、AI English Academyの講師たちと

この武蔵についてフリートークをしてみるというのはいかがでしょうか。

ポール・アレンプロジェクトが制作した戦艦武蔵の動画はこちらです。

ポイントは英語の字幕がついていて、画質もすごく良いので分かりやすいです。

動画は1分程度ですので、レッスン時にも使いやすいです。

戦艦武蔵については、the guardianに記事が詳しく掲載されていました。

0308-1.jpg

第二次世界大戦中の1944年10月24日、レイテ島に迫るアメリカ軍とこれを

阻止する日本軍の間で行われた決戦中、沈没したとされています。

ポール・アレン氏は、8年以上前からこの戦艦武蔵を探し続けていたそうです。

こういうニュースは、日本語よりも英語の方がいち早くリリースされるので

英語が読めるようになると知識の幅がぐっと広がりますね。

日本の新聞やインターネット上のニュースを読んだだけよりも、

様々な角度から物事が知れるようになります。

それにしても、このような歴史的な大発見をツイッターで発表するとはさすが

マイクロソフト創業者。

そして、船の中から見つかった日本語で書かれた文章の一部も、

ツイッターに画像をアップして何て書いてあるのだろう、と問いかけると

すぐにネット上で解読が始まったようです。

インターネット社会の世界との、人間との、知識とのつながりなどにも

驚いてしまう私なのでした。

ネットって、本当に情報が早いですね!

今後の戦艦武蔵の行く末も気になるところですが、

私たち自身も、戦争のこと、東京大空襲のことなどを忘れずにいなければいけません。

この時期は、もう4年前になる東日本大震災のことも強く思い出します。

徐々に記憶から薄れてしまう未曽有の出来事を、しっかりと心に刻んで

後世に語り継いでいきたいですね。

深海に眠っている方々、安らかにお眠りください。

ちなみに、AI English Academyの講師、ナッシュは確かレイテ島出身だったと思いますよ。

それではまた!

AI English Academy