DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

カランメソッドに基づいたトレーニングテキストを使ってオンライン英会話レッスン

AI English Academyでは、カランメソッドに基づいて作成された

テキスト「トレーニング」があります。

これまであまり試したことがなかったので(現在達成率1%)

「トレーニング」テキストをやってみることにしました。

先日、60までのテキストが公開されたので、これを機にやってみたいなと

思ったのです。

選んだ講師はジャックです。

0301.jpg

時間通りにコールをしてきたジャック。最初に言った言葉は

「どうして今日はトレーニングテキストを選んだの?驚いたよ」でした。

「だって、カランメソッドを試してみたかったから」と答えると

ジャックは、私にはトレーニングテキストは易しすぎるので

つまらないかもよ、と心配していたみたいですが

「なるほど」と納得した様子。

実際にトレーニングテキストを開始してみると、

これまでやってきた会話形式のテキストとは全く違って

いわゆる、オウム返しの連続で最初は戸惑いました。

例えば、先生が私にこう聞きます。

Is Tokyo a city? Is Tokyo a city?

2回リピートするのは、英語脳を作るためだとか。

先生が英語で私に二回質問を繰り返すことで、英語に耳を慣れさせます。

最初、私はこう答えました。

Yes, Tokyo is a city. Yes, Tokyo is a city

すると、ジャックが違う、違う、と笑いながらいうので

「え~なんでよ?」と言うと

「生徒は1回答えればいいんだ」とのこと。

カランメソッドは先生が2回リピートし、生徒は1回その質問に答えれば良いそうです。

そして、次の質問はこのように

Is Tokyo a village? Is Tokyo a village?

答えが否定文になる質問してきます。

No, Tokyo is not a village, but it is a city.

このやりとりを繰り返していくのです。

そして、最後にいくつかの写真を見ながら

これはcity? village? town?と私がジャックに、

ジャックが私に、と交互に質問をしながら

回答をし合いました。

やってみた後、私はとてもやりやすかったというか楽しめました。

英語でこう質問されたらこう答える、と何度も何度もリピートをしたことで

随分滑らかに、考えなくても口から英文が出てくるように

たった1回のレッスンが終わった後になっていました。

これはすごいかも!!

これから続けていきたいなと思いましたよ。

AI English Academyのテキストは25分間でちょうど終わるように考えて作られているので

達成感も得ることが出来ます。

トレーニングをやったことがまだない方はぜひお試しを!

それでは、また。

AI English Academy