DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

ホテルオークラを解体しないで~My memory of OKURA

これまで海外から日本にやってくるという友達に、

「東京に滞在するならどこがいい?」と聞かれると

アートや建築に興味がありそうなタイプだったら

「ホテルオークラ東京」と答えていました。

設立は 1958年。「世界に通用する本物のホテル」の建設を目指した創業者のもと、

日本美術の粋を集めた「和」のホテルにしようという構想だったそうです。

まさに、日本の自然や伝統的な文様をふんだんに取り入れた建築で

日本人の私たちが世界に誇れるホテルだと感じます。

0310.jpg

お値段も格式もハイレベルなのでなかなか私には気軽に立ち寄れない雰囲気がありますが

せっかく海外から日本に滞在する機会があるならお勧めしたいです。

実際に、泊った友人からは「最高!」と感謝されることが本当に多いし、

世界の旅行者が集うウエブサイトTrip Advisorでも、

ホテルオークラは5つ星中4.5という高評価を得ています。

クラシカルな雰囲気がありつつ、ジャパンモダニズムの代表選手ともいえるホテルオークラ。

ところが、2020年の東京オリンピックを迎えるに当たり、

この夏に解体する予定となっているのはご存知でしたでしょうか。

海外に住むホテルオークラを愛するセレブリティたちが

「ホテルオークラを解体しないで」という活動も始まった様です。

動画は3分程度なのでレッスン時に使いやすいと思います。

英語で話していますが、日本語の訳がついているので理解しやすいです。

何気ない建造物に見えても、その建造物が持つ意味は実は深く大きいものがあるようです。

ホテルオークラだけでなく、日本の大切にすべき歴史的建造物がいま、あちこちで

解体の危機に面しています。

国立競技場の解体工事は色々な問題があって遅れていましたが、

つい先日工事が報道陣に公開されました。

0310-1.jpg

こういった画像を見ると「ついに始まったか・・・」とこれまでの国立競技場の姿を

もう見ることが出来ないことに寂しさを覚えますね。

合理性、利便性を追求することで私たちの未来はどのように変わって行くのでしょうか。

そういったものとは別に、大切に残していかなくてはならないものもきっとあるはずです。

どこへ行っても同じような建物ばかりになるのは

旅行しても面白さが感じられなくなってしまいそうです。

あと5年後に控えた東京オリンピック。

どのように建造物も変化していくのか私も見守りたいと思います。

それではまた。

AI English Academy