DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

フィリピンの格安航空会社(LCC)セブ・パシフィックについてフリートークレッスン

今日のレッスンもイボンヌと。

2日連続で同じ先生です。

同じ先生を続けると、確かに

「昨日こう言ってたけどさ・・・」と話が弾みやすくなりますね。

毎回同じ先生をとり続けていると、何でも話せる友達ができたような

感覚になりそうだなあと感じます。

毎日顔を合わせる訳ですから、生徒さんが先生を選ぶときは

レッスン技術に加えて、性格も大切な要素になりますよね。

AI English Academyの先生たちはみな笑顔が素敵で優しい人が揃っているので

先生を選びやすいのではないかと思います。

0205.jpg

今日のレッスンはフリートークを選び、

テーマをセブパシフィックにして話しました。

セブパシフィックとは、フィリピンのセブ島、マニラを拠点とする格安航空会社 (LCC)です。

昨年のクリスマスシーズンの大規模な欠航、遅延や

バゲージトラブルなど、あまり良い噂をきかないこの航空会社。

先日、新聞記事でも取り上げられていたので

セブ島に住むフィリピン人たちはどう感じているのかを聞いてみたくなりました。

インターネットでもこのトラブルについて書かれているサイトを見つけました。

http://news.nna.jp/free/news/20150107php008A.html

0205-1.jpg

このあと、セブパシフィックの社長が謝罪したり、多額の罰金を支払ったりしたみたいです。

クリスマスシーズンにフィリピンに行かれた方、これは散々でしたでしょうね。

せっかくの旅行がこれでは台無しです。

日本にもピーチやバニラなど美味しい名前のLCCが数多くありますが、

やはり遅延や欠航など、問題点も数多くあるようです。

フィリピンだけでなく、日本のLCCも多くの問題要素を抱えています。

イヴォンヌの意見を聞いてみると、「安い賃金で働かされるから

会社は従業員を十分に確保できないのよ」とのこと。

一般的に低賃金だとされるフィリピン人ですが、自分が望む額よりも低いのであれば

働きたくないと思う労働者の方が多いと言う事ですね。

私は以前、フィリピン航空を利用してセブ島へ行ったのですが、

地上に降りてから、周囲には他便でやってきた人たちで

ごった返しており、階段も下りられない状態。

そんな状態でも、マクタン・セブ空港で開いているゲートはたった2つしかなく、

私が出口に辿りつけたのはおよそ3時間後でした。

しかも、そのゲートもときどき、1人の人がどこかへ行ってしまい

たった1つしか開かない状態もありました。

覚悟していた以上の仕打ちに本当に、なんなのこれは!!と

初めてのフィリピンに衝撃を受けたことを覚えています。

もう少し、いや、かなり改善をしてもらえることを期待します。

イヴォンヌは昔客室乗務員になりたかったと話してくれましたが、

身長が足りないから試験を受けられなかったそうです。

フィリピンでは、ホテルのレセプショニストなども身長がある一定以上なければ

試験を受けられないとのこと。

身長が高いと言う事はかなりの強みになるのでしょうね。

フィリピンで見かけたフィリピン人はほとんど身長が私より低く、

160cm以上ある女性ってかなり少ないのではと思います。

フィリピンでの就職事情とLCCについて今日は話してみましたが、

実際、フィリピン人が空港を利用することはそう多くはないそう。

一度も飛行機に乗ったことがない人も沢山いるよ!とイヴォンヌは言っていました。

そんな状況下で、ひどい、ひどいと周囲が言っていても結局のところ

現地の人に理解はされにくいのでしょうね。

フィリピンには行きたいけれど、空港の問題をなんとかしてほしいなあと

切に願っています。

それではまた!

AI English Academy