DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

七草粥を英語にすると Seven-Herb Rice Soup

今日は1月7日。

七草粥の日です。

七草は何かご存知でしょうか?

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」

ゴギョウはハハコグサ、 ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。

ダイコンやカブは良く知っているけれど、他の5つは名前を聞いてもなかなか

分かりづらいものですよね。

これらの七草を水と米、そして塩で煮込んでお粥にして今日1月7日に食べる

七草粥の習慣は、江戸時代に広まったと言われています。

では、なぜ七つなのでしょう?英語ではどのように説明するのか?

今日は日本の文化の一つである1月7日に七草粥を食べると言うことを

英語の視点から取り上げて行きましょう。

.0107.png

七草は、これまでに数が増えたり減ったりしたことがあったそうですが

数は変わっても、家族みんなの健康を願って

七草粥を食べると言う趣旨は変化がなかったそうです。

七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれ、

無病息災を祈って七草粥を食べました。

英語にするとseven herb rice soupです。

七草粥の発音表記は"Naw-naw-koo-saw guy-yoo"。

そうか、七草はseven herbでこれらの葉はハーブなんだなと思った方。

そうです。そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、

正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。

これらの日本のハーブ、七草を英語にするとこんな感じ。

海外で日本のこの七草粥を紹介し、実際に作ったと言う、

料理家の方のレシピを公開しているサイトを見つけたのでここにシェアします。

http://www.lafujimama.com/2012/01/nanakusa-gayu/

日本以外でこれら七草を見つけるのは難しいから、

水菜、バジル、三つ葉、春菊などで代用したとあります。

うーん、どんな味になるのだろう!?

ちょっと気になります。

「七つのハーブを入れなくても気にしないで。七草粥の味はすばらしいから

何でも葉っぱは入れちゃって!」とも書いてあります。

むむむむ・・・!?

けれど、完成した写真をみるかぎりこれは七草粥に見える。

0107-1.png

正月の疲れを七草粥で癒しましょうね。

今日ご紹介したサイトは、レシピも掲載されているので

英語で七草粥を紹介するときに役に立つと思います。

お粥と言うと、普段梅干しとかつおぶしを入れるものくらいしか思いつかなかった私なので

今日ご紹介したサイトでハーブや春菊を刻んでいれると言うのを知りびっくりしました。

でも、美味しそうな気もしてきたので試してみようかなと思います。

お粥は体に優しいと言うことは、世界共通のようですね。

体に良い野菜をたっぷりとお粥にいれて、体を温めてゆっくりと今夜はお過ごしください。

ぜひ、AI English Academyの講師たちにも七草粥のことを

レッスン時に伝えてみてくださいね!

それではまた明日。

AI English Academy