DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

セブのUSP ESL Center(南フィリピン大学) 語学研修センターへ見学

先月フィリピンへ行った際、セブ島のUSP SEL Center(南フィリピン大学)

見学をさせていただきました。

対応してくださったのは、20代半ばの日本人の男性。

日本のとある自動車メーカーで車の部品を製造していたそうですが、

「自分も会社の部品ではないか」と思い始め、

「自分の人生変えるために英語をやる」と決めて

フィリピンへ留学に来たらしいです。

そしてそのまま、なんと現地のスタッフとして勤務することになったとか。

「もう少し英語が流暢に話せるようになるまでここにいます。

世界でビジネスをやってみたいんです」と話す瞳はとても輝いていました。

さて、セブ公立の大学である、南フィリピン大学語学研修センターの

レッスンカリキュラムはこのようなものでした。

1226.jpg

1レッスンがなんと100分!1時間40分というボリュームです。

それで4コマのレッスンを毎日こなすのでそれだけで400分。

さらに、夕食後には無料でTOEICの模擬試験(120分)が受けられるということで、

合計で520分!およそ9時間近くのレッスンが受けられると言う事に。

す・すごい・・

もちろん、すべてがマンツーマンレッスンと言う訳ではないようですが、

カリキュラムによってスピーキング・リスニングを強化することができます。

生徒さんの姿も拝見しましたが、日本人はおよそ3割程度程でしょうか。

中国、韓国、台湾の人たちの割合の方が多く見えました。

この語学研修センターの最大の魅力は、南フィリピン大学のサークルやボランティア活動に

参加することができること。

食堂や図書室なども利用できます。

セブ島にあるいくつかの語学学校に比べて、生徒数は60人程度としており、

比較的小規模タイプに入るようです。

1226-1.jpg

多国籍の中で様々な文化と大学生と交流を持つことで自然と英語を話す環境は生まれるはず。

USP ESL Centerは、歩いてすぐのところに学生寮があり、

セブ市街という立地ですがグランドや体育館などがあることで広々として緑が多くて

良いなと感じました。

大学付属というだけあって、教えてくれる講師の方たちもほとんどの人が

教員免許を取得しているとのことです。

先生たちはなんとなくおしとやかと言うか、物静かなタイプの方が多いように思いました。

他にも、スパルタコースと言うかなり厳しいコースも用意があり、

ノーマルでこれだけ勉強するのにさらにスパルタコースに挑戦したら

確かに、英語力が相当ついて帰国できるだろうな・・・と感じました。

勉強をしに行くのだから、せっかくなので入るのならスパルタでお願いしたいとも思いましたよ。

まとまったお休みがとれたら留学をしてみるというのは良い選択のように感じます!

ただし、色々な事情があってなかなか踏み切れない人が多いのも確か。

それなら、日々行う歯磨きの習慣のように、毎日オンラインで英会話レッスンを続けてみることに加え、

自分で英語の勉強をするという選択もありますよね。

いつでも、自分がどこにいても分からないところを英語の先生に

気軽に聞けると言う点もオンラインの良いところです。

実際にセブ島の語学学校に見学をしに行ったことで、

生徒さんたちや学校の雰囲気が分かり、私も入りたくなりました。

同じ目的を持って勉強している仲間が集まっていると言うのも

モチベーションアップにもつながりますし、相当力が付くと思います。

いつか、AI English Academyでも留学が出来るようになると良いですね!

期待しています。

それではまた明日!

AI English Academy