DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

フィリピンに行ってきました!まずはファーストフードのジョリビーの紹介から♪

みなさん こんばんは!

12月にいよいよ入りました。いかがお過ごしでしょうか。

少し久しぶりの更新になってしまいごめんなさい。

実は、フィリピン セブ島に行ってきました。

今日から少しづつ私が体験し、見てきたセブ島での日常についてと

AI English Academyの講師たちについてなどを書いてみたいと思います。

まずはフィリピンの国民食とまで称される

ジョリビーから!

1122.JPG

ジョリビーはセブ島のいたるところで見かけました。

24時間営業しているというのもありがたいし、

なんといっても価格が安いしそれにおいしい!

コーヒーが午前中にしか飲めないのが残念でしたが

すっかり気に入ってしまいました。

1122-2.JPG

こちらは甘い味付けのビーフと卵焼きとガーリックライスのセット。

確かこれで250円程度だったと思います。

地域のフリーペーパーや地域新聞も店内に置かれていて、

滞在中さまざまな情報を得るのにも使えました。

フィリピン発のファーストフードということで、

ジョリビーが日本にもあったらいいのになあと思うほどでした。

メニューはフライドチキンが人気メニューで、

他にもスパゲティやソフトクリームなどもあり、

いつも現地の人たちでにぎわっていましたよ。

同じショッピングモール内にはマクドナルドもありましたが、

人気はジョリビーの方が圧倒的に見えました。

午後になるとコーヒーが飲めなくなるのを知らなくて、

オーダー時にコーヒーはないからジュースから選んでとスタッフさんに言われ

「うーん、ジュースはいまあんまり飲みたくない」と伝えたら

水を出してくれました。

こんなに安いのにサービスが良くてびっくりしました。

ストーリーで学ぶのテキストにも出てきたことですが、

フィリピン人はあまり野菜を食べるのを好まず、お肉が好きなんだそうです。

今回の旅行でそれがとても良く分かりました。

レストランに行っても、なかなかサラダのメニューが見当たりません。

気がつけば旅行中、野菜をほとんど食べずに過ごしていました。

スーパーに行き野菜売り場をチェックしたのですが、

キュウリやキャベツなど普通に日本でも見なれた野菜がずらりとありましたが

価格が日本とさほど変わらないくらいか、もしくは高いと感じました。

私は普段、野菜中心の生活を送っているのでフィリピンでの生活で少し体調が気になっていたところ、

今回一緒に旅をしてくれたフィリピン人の友人がしきりに

グリーンパパイヤを食べたらとすすめてくれていました。

あまり食事として馴染みのないパパイヤなんですが、

パパイヤを刻んでお酢と砂糖などで和えて、サラダとして食べると

美味しく食べることが出来ました。

調べてみたところ、パパイヤはパパインという酵素を含んでいて、

消化などにとても良いそうです。

熟した甘いパパイヤよりグリーンパパイヤの方が体に良いとのこと。

ほかに、黄色くないグリーンマンゴーも食べたり(独特の味でした)

1kg(6個くらい)のマンゴーを120円程度で買ったりもしました。

安そうだなあ、となんとなく手に取ってみたシャツの価格が5000円程度だったり、

ヘアサロンのカット料金が300円程度だったりと

物価の感覚がかなり違いましたね。

でも、料理の味はすごく日本人向けではないかなと思いました。

ライスとおかずがあるというのは日本人には馴染みやすいですよね。

明日は、現地で会ったAI English Academyの先生たちをご紹介することにしましょう。

お楽しみに。

それではまた明日!

AI English Academy