DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

Language Exchange Partner言語交換パートナーと英語を勉強する

今日は、Language Exchangeについてご紹介します。

ランゲージエクスチェンジと聞いて、どんなものか分かりますか?

それぞれの国に住む人が、ネイティブの言語を交換し合う=

母国語を教え合うパートナーのことです。

Lang-8のサービスは日記を添削し合うものですが、

Language Exchangeはパートナーを見つけて

お互いに言語を教え合う、よりリアルな体験ができるというものですね。

もちろん、チャットやEメール、そして実際にスカイプで話したり

どこかで待ち合わせて勉強し合うスタイルなど色々な形で

言語交換をしてレッスンを受けることができます。

それでは、実際にどのようにレッスンをしていくのかをお伝えしましょう。

language.jpg

代表的なサイトはこちら

http://www.mylanguageexchange.com/

メールアドレスの登録をして、自分のプロフィールを入力しましょう。

自分の母国語は日本語

そして勉強したい言語は英語に設定します(もちろん、他の言語も可能です)。

このサイトによると、133国、1億人を超える会員登録者がいて

115の言語を教え合っているようです。

すごい規模ですよね。

このサイトでは、プロフィールに登録している人が

どこの国に住んでいるかと年齢も指定して検索することが可能です。

ネットで出会う=変な人につきまとわれたり、

知らない人に会うのは絶対に嫌だ・危険だと警戒する人は

日本に住んでいない人で

日本語を勉強したいという人を探すことをお勧めします。

あなたが行きたい国、例えばイギリスのロンドンへ行って

美術館や博物館巡りをするのが夢だと言う人は、

イギリスに住んでいて日本語を勉強したいと言う

ランゲージエクスチェンジパートナーを探してみましょう。

イギリスに住む人ならではの地元の話しなど、沢山聞けることになりますし

さらに仲良くなれば現地で会って案内もしてもらえるかもしれません。

言語交換のやり方ですが、基本的にお互いの母国語を

半分づつ話すレッスンを行います。

30分間話すと決めたら、15分間は日本語で話し

残りの15分間は英語と言うように。

ですから、お互いの理解レベルが同等程度のパートナーを見つけ出した方が

効率がよいと思います。

自分のプロフィール欄に、

何故英語を勉強したいか、

どのように英語を勉強したいか(週に1度は会ってレッスンをしたいなど)、

その代わりに日本語を喜んで教えたいという思いを記入すれば、

メッセージがすぐに来ると思います。

特に、日本人の女性は外国人からのコンタクトが多いようです。

逆に、日本人の男性はあまりコンタクトがないとか。

理由はそれぞれあるでしょうが、コンタクトが来たらまずはお互いのレベルチェックや

スモールトークなどをして相性を確認しましょう。

すぐに会うのは危険ですのでやめましょうね。

本気で日本語を勉強したい外国人と出会えたら、

あなたも本気で英語を勉強する気持ちに火が付くと思います。

そして相乗効果でパートナーと仲良くなるにつれ英語力もアップしていくでしょう。

ただ、時間が半分は日本語のレッスンになるので、

時間がもったいないと感じる人はやはりお金を払って

プロの英語講師にレッスンしてもらう事をお勧めします。

今日ご紹介したサイトは登録は無料ですが、

自分からパートナーを探すためにメッセージを送るのは有料です。

まずは、「Hi」という、あなたに興味を持っていますよ、という

サインを送れる機能が無料で使えるので

プロフィールを見て気になる人に送ってみてはいかがでしょうか。

もし、送られた相手が有料会員であれば、返事が来ることがありますよ。

練習したい言語を多数(日本語以外にも10ヶ国語とか)に設定している人は

単に出会い目的にパートナーを探している可能性が高いので、気を付けてください。

本気で語学を勉強したい人と出会ってお互いのモチベーションを支え会えたら

素晴らしい体験になるはずです。

メールのやり取りだけでも、試してみてはいかがでしょうか。

相手は日本語を勉強したがっているので、メッセージは英語と日本語両方で

書いてみると印象が良いと思います。

それではまた明日!

AI English Academy