DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

スカイプを使ったオンライン英会話でフリートークレッスン

オンライン英会話のAI English Academyで、

今日はイヴォンヌのレッスンを受けました。

内容はフリートークです。

111.jpg

最初、ベーシックテキストを選んでいたのですが

レッスン前のスモールトークから盛り上がってしまい、

テキストは使わずにフリートークに変更しました。

何の会話で盛り上がったかというと、

洗濯についてです!!

イヴォンヌはとても綺麗好き。

洗濯も手洗いで徹底的にして、

Tシャツですら、アイロン掛けをしないと気が済まないそう。

イヴォンヌをお嫁さんにしたら、家の中が

ものすごい整理整頓しそうです。

実際、バッグの中もとても綺麗にしているとか。

y4.jpg

このように、自分のバッグを見せながら説明してくれました。

とてもサービス精神が豊かだなと感じます。

イヴォンヌのように次々と言葉が出てくる講師と

フリートークレッスンをすると、言葉が切れることがないし楽なのですが、

反面、気が付くと相槌ばかりを打ってしまって

自分が話す時間が少なくなってしまうと言う事になりかねません。

生徒にとってはリスニング強化もできるし、

好きな講師のことが知れて楽しい時間でもあるのですが

英語力向上につなげることを考えると

フリートークは要注意です。

いわゆる正しくない、ブロークンイングリッシュと呼ばれる

「とりあえず、相手に伝わる」英語を話せば

講師は分かってくれますし、返事もしてくれます。

もちろん、会話を続けると言う意味では

伝わった!と嬉しく感じる瞬間でもありますし、

会話のキャッチボールができているということで英語に対しての

自信にもつながります。

しかし、そのあなたが喋ったフリートークでの「とりあえず、相手に伝わった」英語は

正しくは何て言えば良かったのでしょうか?

それを、しっかりと復習は出来ていますか?

フリートーク中に何て言えば良いのか分からないとき、

常に講師にテキストボックスで正しい文章を記入してもらい、

それを数回繰り返すことをレッスン中にする必要があると思います。

また、テキストボックスに書いてもらったセンテンスを

どこかに集めてオリジナルノートを作っておくと便利ですね。

スカイプのチャットボックスに記入してもらったままだと、

時間が経つとどうしても埋もれてしまい、

後から探し出すのが大変になってしまうので・・・

それと同様に、最近は辞書の使い方を工夫するようにしました。

これまではグーグル翻訳などのオンライン辞書を使用していたのですが、

学生時代に使っていた紙の辞書を引っ張り出して、使うようにしています。

やはり、何度も手元に置いて見返せる方が効率がよいと思えるんですよね。

一度チェックした単語は青線を引いておき、

二度目に見た時はその単語を覚えていなかったという事なので

赤線を引いておくように心掛けるようになりました。

オンラインだと、なかなかそういうところが難しかったりするんですよね。

みなさんはどのようにして単語を覚えていますか?

何かお勧めのアプリなどあればぜひ教えてくださいね。

それではまた明日!

AI English Academy