DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

英語の数の数え方~123,456,789は何て言う?

みなさんこんばんは!

今日は突然ですが、英語の数の数え方についてです。

みなさんは、数字を「英語だと何て言うんだっけ・・・」ととまどったことはありませんか?

実は私はとても苦手で、毎回「いち、じゅう、ひゃく、せん、」と0の数を数えながら

読み方を考えていました。

ところが、あるコツに気付いてからこれまでとは比較にならないくらいに

ぱっと英語の読み方が口から出てくるようになったので、そのコツについてお話しましょう。

まず、英語と日本語の数字の読み方は根本的に異なると言う意識を持つことです。

例えば、日本語で10,000を「1万」と言いますが、

英語では「千が10個ある」と言う言い方で、ten thousand(テン サウザンド)と言います。

3つづく0が超ポイントなんです!!

number.jpg

10のことをテン、といいますよね。

もう一度言います。

3つの0に注目をしてください!

1,000 = thousand(千でサウザンド)

10,000 = ten thousand(1万で テン サウザンド)

100,000 = hundred thousand(100万で ワン ハンドレッド サウザンド)

カンマの位置に注目をしてください。

そのカンマの前にどれだけ数字があるのかを考えるのです。

1,000,000 = million(1千万で サウザンド アンド サウザンド ではありませんよ!ミリオンに変わります)

10,000,000 = ten million(1億で テン ミリオン)

たとえば、3,000は3つのthousand(サウザンド) があると考えて、three thousand(スリー サウザンド) と言います。

では、問題です。

タイトルにも書きましたが

123,456,789はなんて読みますか?

漢字に直すと1億2千345万6千789です。

ものすごーく、漢字だと英語に直すのが難しそうな気がしてしまいますね

まずはカンマの位置を確認します。

123個の1000,000(ミリオン)の固まりと

456個の1,000(サウザンド)の固まりと

7個の1,00(ハンドレッド)の固まりがあると考えて、

one hundred twenty-three million four hundred fifty-six thousand seven hundred eighty-nine になります。

いかがでしょうか。

3つのかたまりで数字をとらえるようにするのです。

大昔の人々は、手の指を使って数を数えていたのですが、

それでは1~10までで終わってしまいます。

そこで、11のことを「そして一つ残った」という意味の「イレブン」、

12のことを「そして二つ残った」と言う意味で「トゥエルブ」と数えたそうです。

なぜか13以上は、10を意味する「ティーン」をつけて表すようになったと

何かの本で読んだ記憶があります。

30(サーティ)と13(サーティーン)の読み方を混同しやすい人は

このことを頭に入れておくと13はサーティーンと、

ティーンがすぐに口から出るようになるはずです。

今日は、英語で読む数字についてのお話をさせていただきました。

漢字で書いてある数はすぐに数字に直して

カンマをつけてしまうと分かりやすいですよ。

それではまた明日!

AI English Academy