DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

無料のTOEIC模擬試験サイトを試してみました

TOEIC模擬試験を無料で受けられるサイトを試してみたところ

みなさん、こんばんは!

先日、ご紹介したTOEICの模擬試験が無料で受けられるサイトを、

今日実際にやってみました。

まず、この模擬試験サイトは時間制限がありません。

本来のTOEIC試験は、制限時間は200問を2時間で解くと言うものです。

家で試してみたので最初、

これは気合を入れなくては、とストップウォッチを使って挑みました。

ところが・・・

72701.jpgのサムネイル画像


すぐに、ストップウォッチは要らなかったことが判明。

というのは、このサイトは本来のTOEIC試験とは違い、

あくまで模擬試験。

復習・間違えたところを見直すために利用するサイトだったのです。

すらすら次へ、次へ、と進める訳ではありませんでした。

リスニングパート1(計125問)が5問ずつ分けられていて、

TOEICと同様に4つのチェックボックスから選んで回答していくのですが

5問が終わるたびに答え合わせができるのです。

5問といたら答え合わせ、

5問といたら答え合わせ・・・と

パート1が終わるまで合計25回繰り返します。

もちろん、復習で再度音声をくり返し聞いて答えを確認するので

合計50回×5問をやりました。

正直、リスニングパート1を終えるだけでかなり時間が掛かってしまい

最後まで終えることができませんでした。

このサイトの使えるところは、間違えたらすぐに復習できること。

さらに、問題ごとに喋る人の声が違うので

聞きとりやすい声もあればすごく聞きとりづらい声もあります。

色々な国の人が英語を喋っているのを理解するという感じです。

72702.jpgのサムネイル画像

5つが終わるごとに画面を保存しておいたので、

パート7の最後まで終えたらスコアを合計すれば、

おおよそのTOEICのレベルが分かるのかなあと予測しています。

終えたらまたこちらでご報告したいと思います。(すみません、フィニッシュできなかったです)

ところで、私はすっごく久しぶりにこの類の英語試験を

試してみたのですが、このTOEICの模擬試験は

現在のTOEIC試験のスタイルと大きく異なることがあとから分かりました。

今のTOEIC試験は、リスニングは合計100問なんですね。

しかもパートごとにテーマが区切られています。

72707.jpgのサムネイル画像

私がみなさんにTOEICテストの模擬試験が受けられるとご紹介したサイトは、

古いヴァージョンであったことが判明。

ごめんなさい。

ほかに、皆さんに有益なTOEICテストサイトがないかリサーチしてみますね。

様々な英語の音声を聞いて質問に答えると言うスタイルは

変わらないと思うので、興味のある方はぜひTOEIC模擬サイトをチェックしてみてください。

それではまた明日!

AI English Academy