DJミサ☆マリのオンライン英会話レッスンレビュー

日本の発音は「ジャパン」じゃない!?JAPANを何て読みますか?

みなさんこんばんは!

オンライン英会話のAI English Academyの中で、

すでに夏休みに入った講師もいるようです。

みなさんはもう、夏休みのご予定は立てましたか?

私は、さんざん今年こそフィリピンのセブ島に行こうとか、

イギリスにいる親友に会いに行こうとか、あれこれ考えた末に

休みが取れずにずっと決められなくて・・・

やはり海外は、まとまった休みが取れないと厳しいですよね~

国内旅行もいいな、と予約サイトを日々眺めていたのですが、

どんどん早い時間帯の飛行機が埋まって行ってしまうのと、

手ごろな価格のものはすぐに売れてしまい、

もはや高いプランしか残ってないような状態に・・・

計画的に行動するのが苦手な方なので、

きちんと前もって予約や計画が立てられる方が

こういうときはうらやましく思います。

723.jpg

どこかへ行きたいけれど、

まだ決められないと言うかた、分かります!その気持ち!!

けれど、もうすぐ8月になってしまいます。

お互いに早めに夏休みの計画を立てましょうね。

さて、今日はジョイメイ発音レッスンを受けました。

毎回、発音のテキストは2つの発音記号について学びます。

似た発音と比べながら理解を深めていく仕組みです。

この、毎回異なるテーマの発音記号のレッスンとは別に、

前から私は単語の末尾に「N」がついている場合、

「ン」と読んでしまうことに注意を受けていました。

今日の発音のレッスンで、「thirteen」を

「サーティーン」と読んだらまたジョイメイに

「nが最後にくるときはンじゃないよ!

唇は閉じないで、開くの!」と言われました。

結局、thirteenは「サーティーンヌ」のような発音が

近いと言えるのではないでしょうか。

口を閉じずに、「ん」ではなくて「ぬ」のように発音するような感覚です。

こういうとき、ジョイメイは他の単語も例にいくつか出しながら

教えてくれます。

「んって言わないのは

women, town, ramenとかかな。ほら言ってみて!」というように・・・

ジョイメイが出した例をそのまま言われたとおりに発音していきます。

「ラーメン!」思わず吹き出しながら

「ラーメンもラーメンじゃないの?ラーメヌ?」と言うと

「そうだよ。nが最後の時はンじゃないの。日本人がとても間違えやすい発音だよ」と

ジョイメイは言います。

私は、それなら、と思いました。

「日本も、ジャパンじゃないの?」

するとジョイメイは

「そうだよー!!自己紹介の時にI'm from Japanって言うでしょ。

そのとき、日本人はよくジャパンって発音しているのを聞くけど違うんだよ!

ジャパヌって、口を閉じないでいうの!」と。

ずーっと日本はジャパン、と思っていた日本人の私は

びっくりです。

まあ、通じるから良いと言えば良いような気もしますが

せっかく教えてもらったのですから、

これを知った私たちは日本をきれいな発音で海外の人に伝えませんか。

nが末尾にくる単語は、「ン」で終わりません。

口を開いて「ヌ」のように発音するのです。

ぜひ、どのように発音するのかは直接講師に確認してみてくださいね。

ちなみに、「ん」と唇を閉じて発音する言葉は

「m」で終わるときです。

例えば、clam, beam など。

このmとnの発音については、

発音テキストレッスン21に詳しく掲載されていますので

ぜひチェックしてみてください。

発音は自分で何度も練習していくしかないなと思いますが、

自己流でやり過ぎても分からなくなってしまいそうです。

分かろうとして本を読んでばかりいるより、

口から声を出して何度も特訓した方がはるかに身につくのが早いと言えるでしょう。

明日も暑くなりそうだから気をつけて過ごしましょう。

それでは、また明日!

AI English Academy